意に反するとはどういうことか 意を持って教えるべきか

意に反するとはどういうことか 意を持って教えるべきか に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

伝われ
こちらの意味も意義も意図も意志も
意地さえも


やべぇ眠いの巻。シェノンです。



冬(いや、まだ秋なのか?)は時間の流れが速く感じます。
和寂さんで誤魔化しながら、意外と間のあく更新力。


とりあえず「境界線上のホライゾンⅠ」上下巻読み終わった!
境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2008/09/10)
川上 稔

商品詳細を見る

境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2008/10/10)
川上 稔

商品詳細を見る


ってこの機能使うの初めて。何この便利さ、写真撮らなくていいじゃん。パカァ!

終わりのクロニクルの川上稔さんの新作。
うん、前から出てたけど気付かずに、いつの間にか弟に買われていたorz
川上さんの作品は設定がやり過ぎな程しっかりされていて、
独特の世界観が魅力的。
ただ文章が少々難読な所があって、そこで賛否両論に分かれるらしいですね。
ギャグとか最高なんだけどなぁ……。

というわけで後半は簡単な感想です。
はい、てなわけで感想いきまーす。


とにかく今回も厚いです(沈

下巻ですでに800ページ超え……だっけ?
賛否両論、重くて読みづらいって事もあるのかもしれない。
ライトじゃないよライトじゃ(笑)

最初読み始めたときは、その設定の多さとキャラの多さにかなり混乱。
今喋ってるのはどのキャラだ、とキャラ紹介のページとを行ったり来たり。
これは終わクロ以上のややこしさだ(苦笑
でもそれも慣れてくると頭に入ってきて、
超スムーズ、とまではいかないにしても、受け入れられるようにはなりました。

そうなると、やっぱり面白い面白い。

でも上巻だと、どう考えても主人公トーリの出番がない(笑)
正純が主人公なんじゃないか、と疑ったくらいに話に入ってこないのよコイツ^q^
「超無能」とかいう、終わクロの佐山とは正反対のスキルを持ちながら、
どうやって主人公として活躍するのか気になって下巻へそのままGO。

とても良いサポートキャラです。それも最強クラスの。

何処でもバカやってるヤツが覚悟決めるときは熱いよね!
葵・トーリはかなり好きなキャラしてます。
あと、男ならノリキがカッコイイな。
女性陣はホライゾン、ネイト、喜美かな。

盛り上がる所はかなり盛り上げてくれて、
ラストの締め方も感動出来ました。


あー二巻が待ち遠しい。
でも弟に買う権利があるんだよなぁ。自分でも買いたいよ!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wasabiaji.blog105.fc2.com/tb.php/382-3aef6689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。